【SEO対策】アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ

 

ウサギウサギ

アラフォーになり、突然ブログを始めたウサギです。

ワニワニ

記事を書くときに意識しておいた方が良いこととか、効率良くアクセスを集める方法ってあるの?

こういった疑問を抱えていませんか?

 

ブログの収益化には、検索結果で上位表示を狙える記事を書くことが重要です。

 

検索結果で上位表示を狙うなら意識しておいた方が良いこと、最低限やるべきことはあります。

 

それは、キーワード選定です。

 

ワニワニ

キーワード選定?どうして必要なの?選定の方法も分からないんだけど…

そこでこの記事では、そんな疑問に答えます。

 

記事のテーマは、「アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ」です。

 

キーワード選定の目的と重要性からキーワード選定のコツ、キーワード設定のポイントまでをまとめました。

 

記事の内容は次のとおり。

 

📝 記事の内容
  • キーワード選定の目的と重要性
  • アフィリエイト初心者が選ぶべきキーワード
  • アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ
  • キーワード設定の4つのポイント

 
 

この記事を読めば上記のことが分かります。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

キーワード選定の目的と重要性

キーワード選定の目的と重要性

 

キーワード選定は、「SEO対策」の1つです。

 

「SEO対策」とは検索エンジンで上位表示されるための施策のこと。

 

検索結果で上位表示を狙うなら必須です。

 

SEOと検索エンジンの仕組みについては、下記の記事が参考になります。

 

[関連記事]【SEO対策】検索エンジンの仕組みとは?表示順位を決める3つのステップ

 

キーワード選定とは、検索ユーザーが検索しそうなキーワードを狙って選ぶ作業のことです。

 

アクセスを集めるコンテンツ作りには必須になります。

 

検索結果で上位表示を狙うには、必要な作業だということです。

 

これが、キーワード選定が必要な理由になります。

 

つまり、キーワード選定の目的は検索結果で上位表示を狙える記事にすることです。

 
 

記事が上位に表示されれば、それだけ多くの人の目にも触れることになるのでアクセスも集まります。

 

アクセスが集まれば、ブログの収益化にも繋がりやすくなるということです。

 

ブログの収益化には、いかにブログにアクセスを集めることができるかが重要になります。

 

そのための準備として、キーワード選定が必須だということです。

 

上位表示を狙うためにはキーワード選定が重要

上位表示を狙うためにはキーワード選定が重要

 

ここで考えておきたいことがあります。

 

それは、「検索結果で上位表示を狙うために重要なことは何か?」ということです。

 

Googleは常に、ユーザーの利便性を第一に考えたユーザー第一の検索エンジンを追及しています。

 

つまりGoogleは、「検索ユーザーを第一に考えたコンテンツ作り」を求めているわけです。

 

そのため、検索結果で上位表示を狙うには、キーワード選定が重要になります。

 

なぜなら、狙ったキーワードからユーザーの検索意図を探ってターゲットを絞り込むことができるからです。

 

そして、検索ユーザーのニーズに合わせた、役立つ情報を盛り込んだ記事を書くことが重要になります。

 

つまり、「記事の中に検索ユーザーが知りたい答えを用意する」ということです。

 

キーワード選定をしっかりしておかないと、Googleに「何について書いている記事なのか」を認識してもらえません。

 

それは、「狙ったキーワードで検索結果に表示されない」ということにもなります。

 

なぜかというと、Googleはキーワードで記事の内容を認識して、検索結果に表示させるための判断をしているからです。

 

キーワードが設定されていなかったり、分かりにくかったりすると、Googleは記事を認識することができません。

 

「この記事は一体何について書いてある記事なのか」が分からないからです。

 

記事がGoogleに認識されていなければ、狙ったキーワードで検索結果に表示されません。

 

検索ユーザーは「調べたいことに関係するキーワード」を入力して検索します。

 

キーワードを意識していない記事をいくら量産しても、いつまでたっても検索結果には表示されないということです。

 

記事を書くときは、キーワードに沿って記事を書いていくことが重要になります。

 

検索結果で上位表示を狙うには、検索ユーザーから「検索されるキーワード」を選ぶこと。そして、Googleが認識しやすいようにそのキーワードを意識した記事を書いていくこと。

 
 

このようなことから、記事の検索上位を狙うためにはキーワード選定が重要だと言えるわけです。

 

キーワード選定で意識するべきこととは?

キーワード選定で意識するべきこととは?

 

それは、キーワードの“ずらし”です。

 

当然、ライバルが強いキーワードはあります。

 

真正面から勝負しても勝ち目はありません。

 

その場合は、検索ユーザーの検索意図を深く掘り下げてみましょう。

 

他に検索しそうなキーワードはないかを考え、そこから上位表示を狙えそうなキーワードを見つけ出すということです。

 

これが、キーワードの“ずらし”になります。

 

人とは違う切り口で、1つのキーワードから派生していくワードを見つけ出し、自分が勝負しやすい環境を作るということです。

 

上位表示を狙うには、キーワード選定で“ずらし”を意識することが重要になります。

 

アフィリエイト初心者が選ぶべきキーワードとは?

アフィリエイト初心者が選ぶべきキーワードとは?

 

それは、ロングテールキーワードです。

 

単ワードで強いキーワード(ビッグキーワード)を軸にして、関連する3~4の複数の単語の組み合わせによる複合キーワード。

 

これをロングテールキーワードと呼びます。

 

恐竜のしっぽの先が細くなるように、検索ニーズも絞り込めるということです。

 

ロングテールキーワードの大きな特長は次の2つ。

 

  • ライバルが少なく上位表示も狙えること
  • 検索ユーザーが求めている答えが分かりやすいこと

 
 

検索ユーザーの意図に合った情報を記事に盛り込むことができます。

 

Googleが求める「検索ユーザーを第一に考えたコンテンツ作り」ができるということです。

 

ロングテールキーワードで、上位表示を狙いましょう。

 

上位表示を狙うならロングテールキーワード

上位表示を狙うならロングテールキーワード

 

例えば、単ワードで強いキーワード(ビッグキーワード)に、「ダイエット」があります。

 

それだけでは強いライバルが多すぎて、上位表示を狙うことは不可能です。

 

そこであきらめる必要はありません。

 

「ダイエット」に関連する単語を組み合わせることで、上位表示も狙えるようになります。

 

    「ダイエット 運動 ジム」

 
 

「ダイエット」というビッグキーワードを軸にして、「運動」「ジム」という単語を組み合わせてみました。

 

ライバルが少なくなり、さらに、より具体的な検索意図を絞り込むこともできます。

 

検索ユーザーが求めている情報が分かりやすくなるわけです。

 

ピンポイントでニーズに対する答えを用意することができるようになります。

 

成約に最も近いと思われるユーザーを、うまく集客することができるということにも繋がるわけです。

 

それに、ライバルが強い場合はもちろんですが、立ち上げて間もないブログや初心者の方だと、なかなか検索からの流入も見込めません。

 

とはいえ、強いキーワードでわざわざ勝負する必要はないわけです。

 

キーワードの“ずらし”というちょっとした工夫を加えることで、検索からの流入も期待できます。

 

上位表示を狙うなら、「ロングテールキーワード」がおすすめです。

 

アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ

アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ

 

アフィリエイト初心者のためキーワード選定のコツは、いかにして確実に需要のある、ライバルが少ないキーワードを狙えるかです。

 

誰でも思いつくキーワードなら、当然ライバルも多くなります。

 

そこで、意識したいのが「なるべくライバルが少ない、ライバルが弱いキーワードを選ぶ」ということ。

 

”ずらし”というちょっとした工夫を意識した「ライバルが少ないキーワードの選び方」を次の3つのコツをポイントに考えていきます。

 

キーワード選定の3つのコツは次のとおり。

 

    コツ① ロングテールキーワードで”ずらし”

    コツ② 言い回しを変える”ずらし”

    コツ③ 類義語や同義語で”ずらし”

 
 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

コツ① ロングテールキーワードで”ずらし”

 

上でも書いていますが、ここでは違うパターンの例を取り上げて掘り下げていきます。

 

例えば、シャンプーの名前など商標キーワードの場合、当然狙ってくるライバルも多く、コンテンツもしっかりと作り込まれているページばかりです。

 

商標キーワードで検索するユーザーは、すでに商品のことを知っているため、購入に結び付きやすいという特徴があります。

 

そこで、このキーワードに“ずらし“を加えるには、商標のみの単ワードで対策するのではなく、そのキーワードを検索しそうなユーザーが同じく検索しそうなキーワードを探すわけです。

 

効能や効果、それ以外にもそれを使用したことによってどうなりたいのか?などを含めた2~3語の複合キーワードで集客して成果へと繋げるという流れ。

 

  • 「〇〇シャンプー (商標) 効果」:ライバルが当然強い
  • 「〇〇シャンプー (商標) 効能 女性」:上位表示の可能性がまだある

 
 

この場合、様々なロングテールを対策して内部リンクによる強固なコンテンツを作ることができれば、後にビッグキーワードでも上位に表示される可能性が高まってきます。

 

コツ② 言い回しを変える”ずらし”

 

次に、意味は同じでも言い回しを変えるという方法です。

 

要はキーワードの“ずらし”ということになります。

 

例を挙げると次のとおり。

 

  • 「SEO対策」⇒「順位 上げる 方法」
  • 「ダイエット」⇒「適正体重 年齢別」

 
 

といった、ユーザーが求めるコンテンツは同じものでも検索するキーワードを少し変えることで、上位表示する可能性が高まるというわけです。

 

このように、最終目的が同じでもユーザーの検索キーワードは少しずつ異なっています。

 

「適正体重 年齢別」のキーワードで検索するユーザーは、直接的にダイエットに興味があるわけではなく、何らかのきっかけでダイエットに興味を抱きそうな潜在的なユーザーであると考えられます。

 

このようなキーワードを攻めることによって、「ダイエットに興味がある人を集めているライバル」と差別化することができるというわけです。

 

コツ③ 類義語や同義語で”ずらし”

 

コツ②のような言い回しを変える以外にも、類義語や同義語といった意味は同じでも異なるキーワードで検索するユーザーもいるため、そういったキーワードを拾う方法です。

 

例えば、「おすすめ」という言葉は…「イチ押し」「推奨」「お得」「買わなきゃ損」といった同じ意味でも複数存在します。

 

キーワードによってはこういった少しの”ずらし”でも検索順位が違ってくる場合がありますので、試す価値ありです。

 

キーワード設定の4つのポイント

キーワード設定の4つのポイント

 

それでは、実際にどのようにキーワード設定すればいいのかを4つのポイントで確認していきます。

 

キーワード設定の4つのポイントは次のとおり。

 

  1. タイトルに狙っているキーワードを盛り込むこと
  2. タイトルと内容に一貫性を持たせること
  3. 見出しにもキーワードを盛り込むこと
  4. 記事に共起語を盛り込むこと

 
 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

1. タイトルに狙っているキーワードを盛り込むこと

 

記事のタイトルには、狙っているキーワードを必ず盛り込むということです。

 

例えば「キーワード選定」というキーワードを狙っているなら「キーワード選定」という言葉を記事のタイトルに盛り込むべきだということ。

 

そうすることでGoogleも、検索ユーザーも「キーワード選定に関する記事だ」と認識してくれます。

 

2. タイトルと内容に一貫性を持たせること

 

タイトルと記事内容に一貫性を持たせることも重要です。

 

例えば「パスタの作り方」というタイトルの記事があったとして、内容がパスタを作る道具についてしか触れられていなかったらがっかりします。

 

「パスタの作り方」というタイトルにしたなら、パスタの作り方を1から丁寧に紹介するべきだと思いますし、そもそもそれがユーザーの求めているものだということです。

 

タイトルと内容に一貫性があれば、ユーザーの満足度が高くなり上位表示もされやすくなります。

 

記事を書くときには、記事のタイトルと内容はちゃんと合致しているかを必ず確認する必要があります。

 

3. 見出しにもキーワードを盛り込むこと

 

見出し(h2・h3)にも、キーワードを盛り込み、わかりやすい構成で仕上げることを心掛けるということ。

 

メインキーワードだけでなくサジェストキーワードを使うのも効果的な方法です。

 

見出しにもキーワードを盛り込み、Googleにもユーザーにもどんな内容の記事が書かれているのか分かりやすく仕上げることが重要になります。

 

4. 記事に共起語を盛り込むこと

 

記事に共起語(関連キーワード)を盛り込んでおくこともSEO対策において有効です。

 

共起語というのは、狙っているキーワードと一緒に調べられやすい、同じ文章の中に出てくる可能性が高いキーワードのこと。

 

例えば「パスタ」というキーワードなら、「レシピ」「種類」「簡単」「カロリー」「茹で方」というようなキーワードが一緒に調べられやすい、同じ文章の中に出てくる可能性が高いことが考えられるわけです。

 

クローラーが共起語からページ内の情報を読み取っているとも言われています。

 

うまく取り入れることができれば、クローラーにアピールすることができるので共起語を意識して記事を書くことも有効です。

 

まとめ

 

以上、ここまで「アフィリエイト初心者のためのキーワード選定の3つのコツ」について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

最後に簡単にまとめます。

 

  • Googleに求められているのは、「検索ユーザーを第一に考えたコンテンツ作り」
  • 検索結果で上位表示を狙うには、
    ユーザーから「検索されるキーワード」を選んで、Googleが認識しやすいように、そのキーワードを意識した記事を書いていくことが重要
  • 選ぶべきキーワードは、
    「ライバルが少なく上位表示も狙えること」、「検索ユーザーが求めている答えが分かりやすいこと」が特長の「ロングテールキーワード」がおすすめ
  • アフィリエイト初心者のためのキーワード選定のコツはライバルの少ないキーワードを狙うこと
  • ライバルの少ないキーワードを狙うには”ずらし”を意識してライバルとは違う切り口からキーワード選定を行うこと
  • キーワード設定は4つのポイントを意識して設定すること

 

ということでした。

 
 

準備ができたら実践あるのみ!

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

おわり。

 

メール相談受付中

無料相談受付中

 

アフィリエイトに関して分からないこと、また、こんな記事書いて欲しいなどのご要望などございましたら、下記よりお気軽にどうぞ。

»メール相談はこちらから

 

Twitterのフォローもよろしくお願いします!


 

ウサギウサギ

以上、ウサギでした。